カテゴリー
GeekはDigる 電子工作

AKAI の名機「MPC 2000XL」、タクトスイッチを修理するの巻。

AKAI MPC 2000XL のボタン不良の修理を自分でやってみるために必要なものや手順の話

 

Hiphopレジェンドから、現代のビートメイカーまで今なお、人気が衰えることを知らないサンプラーの名機「AKAI MPC2000XL」。発売から20年近く経ちますので、ボタンの効きが悪いなどの不具合はどうしても起こってきます。

本機のボタンも効きが悪いところが十字キー含め合計で8箇所あり、作業に支障が出るので、分解してタクトスイッチの交換修理をすることにしました。

◯手順
・交換パーツとなるタクトスイッチを入手。(Amazon、10個セットで500円くらい)

・はんだごて、はんだ、ラジオペンチ、ドライバーなどの道具を用意します。

R1074911

 

・YOUTUBEなどを見ながら分解していきます。
⭐︎分解で参考にしたのはこの動画
https://www.youtube.com/watch?v=aVgLnbw7mJw

15000661_1143662229004154_9086922041667793146_o

 

15000759_1143667822336928_7363950878292373858_o・問題のタクトスイッチのハンダを除去していきます。まずは基盤の裏側からハンダを除去していきます。画像にある銅織のハンダ吸い取り線に移していくイメージです。

・さていよいよ、新しいタクトスイッチを取り付けますよ。

15003415_1143667825670261_4284078280127791658_o
・新しいタクトスイッチも、外す時と同じように基盤の裏側からハンダで取り付け。

・蓋を閉じる前に、再度動作の確認をします。

mpc2000xl-chopping-tutorial-2.jpg


・蓋を元に戻しネジ締めして、完成です。
所要時間は、90分ほどでした。結構カンタン!

MPC 2000XLは名機ですが、1999年製造と少し古いのでこういうトラブルは付き物のようです。でも、YOUTUBEなどでキーワード検索すると、海外の動画も含めてたくさん出てくるのでビギナーにも修理が出来ました!

もし自分で修理するのが億劫な方は、

GHOSTINMPC」で修理してもらえます。

カスタムもできるみたいで超かっくいいです。http://ghostinmpc.com

15182200853_c2bbc7d357_b.jpg

画像引用元 http://ghostinmpc.com/

機材は手に馴染んでいくから、愛着がわいていくもの。古いものはメンテナンスして、いい状態で使っていきたいですよね。MAKE BEATS!!

 


Text & image : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です