「電子音楽・ビートミュージック」カテゴリーアーカイブ

Lofi hiphopは何処から来たか?

  • Spotifyで急成長のジャンルとして注目され、日本でも盛り上がりを見せている”lofi hip hop”。(海外では、”Chillhop”とも)。
    Rapのない、ビートだけのインストゥルメンタル・ヒップホップで、hiphop好きばかりでなく、自宅で多くの時間を過ごす中高生らの生活になじむ音楽として、拡散を続けている。有名チャンネルの「Chilled Cow」や、「Chillhop Music」を見ると副題で、「Study to/to Sleep」となっていることからも明らかなように、ベッドルーム・ミュージックのひとつである。

この周辺の音楽が、lofi hip hopと呼ばれる前、2010年ごろからインターネット上で同時多発的に存在していたものの、Youtubeのライブ配信(チャット機能付)が開始と同時に、ビートが24時間かかっているチャンネルが開局し大きく拡散し定着した印象にある。このChillhopチャンネルは、サブスクリプション型で

続きを読む Lofi hiphopは何処から来たか?
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

Ableton Live で SP-404 を使っているようにエフェクト、操作感を再現できるか

サンプラーとしてのみならず、有能なエフェクターとしてもその地位を確立している”Roland SP-404(SX)”
Instagram などのビート・ビデオの中でもよく使われているエフェクトを中心にAbleton Liveで再現できないかやってみます。

今回使うMIDIコントローラーは、KORGのnanoKontrol2。安価なMIDIコンですが、ノブとフェーダーが8つあるところがポイントです。僕は、エフェクトはノブをつまんでかけたい派です。

続きを読む Ableton Live で SP-404 を使っているようにエフェクト、操作感を再現できるか

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

Nil.team nest / Four tight sleep EP 全曲 Youtube

現在は活動を休止している “Nil.team nest”ですが、2012年にリリースしたEPが、Youtubeで全曲試聴が出来ます。

 

エレクトロニックミュージックの分類ではアンビエントによっている作風ですが、前作の”Welcome Home(2010 release)よりもぐっとダンサブルになり、冷たい空気感を感じる”nms_LND”に始まり、グルーヴィーに変化するビートが特徴の”Shrub Step””On The Shore”。ポストロック的なアプローチを効かせた”Bless of Wind””Skagen Fields”などが特徴的なEPです。 続きを読む Nil.team nest / Four tight sleep EP 全曲 Youtube

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

Instant Beat② + Drawing #beat #acrylicpaint #decalcomanie

美術の手法であるデカルコマニーと、ビートミュージックとは相性が良いんじゃないか?と思ったので、組み合わせてみました。その②

下の動画は、小生のビートとデカルコマニーの手法で描いた絵の一部です。ご視聴ください。

beats by 11th.June with my drawing #beats #nylson #chillout #earlysummer #acrylicpaint #japanese

HUMM.magazineさん(@_humm_kosa)がシェアした投稿 –

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

デカルコマニー(絵)とビートミュージックを組み合わせる


デカルコマニー;現代美術で、オートマティスムの絵画技法の一つ。

紙に絵の具を塗り、それを二つに折るか、別の紙を押し付けるかして写しとる画法。偶然的・幻想的形態が得られるのでシュールレアリストが好んで用いた。

続きを読む デカルコマニー(絵)とビートミュージックを組み合わせる

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

Abstract paint_01 | 抽象画_1 | Naohiro Kosa #デカルコマニー

留まると淀む。思考を止めず、自分の変化を恐れない。そういう考えで生活したい。

Stop, to be stagnant. No. I want to be not afraid of my change without stopping thinking.
#デカルコマニー
#decalcomanie #beat

子供が中心の生活にしているから、どうしても20代のようにたくさんの時間は取れない。仕事もあれば、なおさらです。 続きを読む Abstract paint_01 | 抽象画_1 | Naohiro Kosa #デカルコマニー

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

CHIEF – Shadows Collision LP​+​Download card

少し前の作品ですが、やっぱりかっこいいので改めて紹介します!

Mitsu the Beats (ミツザビーツ)のDJ Playで知った、”CHIEF – Shadows Collision“ ジャジーインストが好きな僕にはドストライク。他を寄せ付けないかっこよさです。J-Dillaラインの重めの、ソウルネス溢れる中毒性高い珠玉のビート。2012年作品ですが、一切の古さを感じない素晴らしいアルバム。 続きを読む CHIEF – Shadows Collision LP​+​Download card

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

今頃Mixcloudを始めました。

 

「soundcloudと何が違うか。」それはアップロードできる尺(時間)が長いのです。
しかも無料ユーザーでもアップロード容量の制限もありません。

全世界にたくさんユーザーがいて、DJが日々あたらしいミックスを公開していますので、良質な音楽に出会えるとおもいます。お店をされている方などもBGMとして流しておくのに最適だではないでしょうか。

作った曲を一曲単位で公開するというよりも、好きなレコードをDJミックスで紹介したり、ポッドキャスティングを配信するのに使いたいと思っています。

さて、登録したら何かアップロードしたいのが人の性。手前味噌ですが、初っ端は自分のライブ音源をアップロードしました。 続きを読む 今頃Mixcloudを始めました。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest

大推薦エレクトロニカの金字塔SAVATH & SAVALAS の名盤がp-vineから奇跡のリイシュー

SAVATH & SAVALAS ”Folk Songs For Trains, Trees And Honey”+”The Rolls & Waves EP”

2000年にHeftyからリリースの『フォーク・ソングス・フォー・トレインズ、トゥリーズ&ハニー』と、同じくHeftyから2002年にリリースされた『ザ・ロールズ&ウェイヴズEP』2作品が一枚になってP-VINEからリイシュー!!

これは熱い。新曲が収録されているわけではないものの、今の世代やこの作品を初めて聴く人にとっては、きっと大きな衝撃となるでしょう。 続きを読む 大推薦エレクトロニカの金字塔SAVATH & SAVALAS の名盤がp-vineから奇跡のリイシュー

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest