天橋立・元伊勢籠神社「光のアトリエ~太古から未来へと続くみち~」2019年秋 音と映像のライブパフォーマンス

《Exhibition and Live Performance》行ってきました。

「海の京都」天橋立地区協議会 / 京都府主催の「海の京都(もうひとつの京都)」PR関連イベントである本イベントに行ってきました。
場所は、宮津市の元伊勢 籠神社 GoogleMapです。
京都の電子音楽系(エレクトロニカ)イベントで定評のある【night cruising】所縁の音楽家たちのライブが、京都北部で見られるとあって、妻と僕は、是非とも行きたいと思っていました。

《Live Performance》
「朧月夜 Oborozukiyo」
日時:9月28日(土)17:30~20:00(開場17:00)
出演者:NONOTAK(メディアアートユニット), moshimoss(音楽家)
場所:元伊勢 籠神社
※入場無料(作品展示及びライブパフォーマンス共に)
https://alternative-kyoto.jp/digital/

もっと読む
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

Memento Mori

いつか死ぬのだ、と意識すること

僕は、5年前に父をなくしたのだけれど、その悲しみと同時に得られたものがある。それは、自分もいつか死ぬのだと、理解したこと。
やりたいこと、やるべきことを、やらない理由を探してウジウジしている時間なんて、ほんとうに無いのだと理解したこと。
死ぬ瞬間、もっとこうしておけばよかった、ってきっと思う。やってもやっても、きっと思うだろう。だから、今・現在に集中する。やりたいことに向かう時も、そうでない時も、じぶんの能力の限界を、いつも出し切るつもりで。
大げさな話にするつもりはないのだけど、自分なりに「死」を意識していると、何にせよ、迷いがなくなる。 俺はそんな気がするよ。

続きを読む Memento Mori
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

WILDER MAN(ワイルドマン)Charles Fréger/民族衣装/欧州屈指のなまはげ仮装写真集

Charles Fréger(シャルル・フレジェ)の写真集。

“野生”をまとい、生命を祝う男たち 

ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭り。そこに登場する獣人たち。 
彼らは、さまざまな衣装を身にまとい、生命の輪廻や季節のめぐりを祝う。 
動物の毛皮や植物でできた装束、鈴や骨で飾られた姿。 
それらの驚くべき多様性と奇怪な美しさをおさめた写真集。 
欧州19か国を取材したプロジェクト。約160点を収録。 

続きを読む WILDER MAN(ワイルドマン)Charles Fréger/民族衣装/欧州屈指のなまはげ仮装写真集
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

敵わないなあと思うのは、

敵わないなぁと思うのは、やっぱり笑顔のひとである。
笑顔で何か言われたら、受け入れてしまう。
そして、笑顔の人は大抵、誰に対しても同じように振舞える。
男女問わず、笑顔で声をかけられると、こちらまで笑顔になる。笑顔で話しかけることは、壁をヒョイと飛び越える力を持っている。

笑顔って素敵だ。笑顔って素敵だなあ。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Pin on Pinterest

Pinterest