自己紹介

小佐 直寛 (Naohiro Kosa)_1984年7月生まれ、京都府出身

HUMM Creative Lab(フーム クリエイティヴラボ)” 主宰
【音楽家/ブログ執筆/音楽サービス開発】

◯音楽家_

生演奏と電子音楽を組み合わせ、多重層で音楽を構成する。どこかなつかしい、情景を物語るインストゥルメンタル作品を得意とする作曲家。22〜23歳の一年間、オーストラリアで放浪を経験、京都に戻ったのち伝統工芸の「京指物」を学ぶ。
同時期に始めた、電子音楽のプロジェクトに” Nil.team nest “がある。同名義で、2010年「Welcome Home」、2013年「Four tight sleep-EP」をリリース。2010年発表作品に収録の「TheLight」で、高橋幸宏氏(YMO)に評価され、全国のFred Perry直営店公式BGMとして選出される。(FRED PERRY”Made in England”Campaign@Myspace)。
現在は本名で活動しており、2011年には伝統工芸品(茶筒)「開化堂」の店舗音楽の制作を全面的に担当。また、動画制作会社への協力で京都ブライトンホテルのシアターCMに楽曲提供。2019年には、ワコール社員体操の音楽制作を担当した。なお、発表したCDを使用料フリーで、面識のあるインテリアショップ、アートギャラリー、結婚式場などへ提供している。
人も文化もコンパクトに集まっている京都を中心に、音楽でお役に立てることでプロジェクトに参加、楽曲提供している。

◯ブログ執筆_

2017年年末に「HUMM.Magazine online」ブログを開設。音楽やデザインの制作、趣味のフィルムカメラとピストバイク、D.I.Yや整理術などの記事を中心に、各分野において試行錯誤した方法、うまくいった方法をシェアすることを目的に、ブログを発行している。「人生を前向きに」つまりライフハック系ブログである。

◯趣味/思考

あれこれ分解すること。少年期の80〜90年代に発売されたレトロ・ガジェット愛好家。好きな作家は、ポール・オースター。考え方に於いて影響を受けたのは、建築家のミース・ファン・デル・ローエ。季節の中では、冬が好き。

◯使用機材(音楽)_

KAWAI Upright Piano,Fender Japan Stratcaster,PRS CE Mahogany 24,Taylor 214ce,Sterling by MUSICMAN ray4,Nord electro3,microKORG,Logic Pro X,Ableton Live 10,SP-404SX,Hugh Tracey Kalimba.

◯使用機材(カメラ)_

CONTAX RTS,CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4,FUJIFILM X-M1

◯使用機材(録音)_

AKG P420,TASCAM DR-07mkⅡ,MSP Pickup Kit

(instagram) kosanaohiro_ 
(Twitter)  ___KOSA
(Website)  humm-magazine.com
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest