レコードコレクトの記録 vol.007 ”Tim Hecker – Ravedeath, 1972”

ドローン、アンビエント。レイキャビク(アイスランド)のフリキルチャン教会で録音されたという美しくも退廃的な音像。暗闇の中で聴くと、どこかに連れて行かれてしまう気すらする。パイプオルガンのフィードバックノイズがその世界観を強固にし、近づいたり遠のいたりするアコースティックピアノが現実との唯一のつながりのように美しく、鳴る。

一聴すると難解に思われるが、聴き手が主体的に音の展開を探すことにより、作品が親密に語りかけ、自身と溶け合っていく感覚を覚える。愛情と慈しみを持って拾い上げられた音の断片は、大胆かつ丁寧なエディットで増幅され、緻密に練り上げられた物語を展開する。偶然の重なりによる不安感と、巡り合うべき音との邂逅。見ようとしなければ見つからないものがある。そんなことを思わずにいられない。あらゆる場所に存在するノイズよ、安らかに眠れ。

落とされようとするアップライトピアノ

メトロで体感した爆音でのライブは、ヤバかった!
WWW & night cruising present「Tim Hecker Japan Tour 2013 in KYOTO 

created by Rinker
¥6,198 (2021/10/24 06:00:30時点 Amazon調べ-詳細)
hummmagazine-22B01K8KGO1A

Text: 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin
タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です