カテゴリー
ホームD.I.Y

娘の「おままごとキッチン」を連休なので作ってみる②〜完〜

簡単な木工で「おままごとキッチン」を作ってみます。その2。完結編。

前回は部材を作るところまで作業しました。今回は実際に組んでみて、完成まで行きたいと思います。

おままごとキッチン スケッチ
寸法を出した部材

「大入れつぎ」に加工してあるので一度、木ネジなしで組んでみました。

木ネジ要らないかも。

これで、土台は完成。継手がしっかり出来たので、木工ボンドのみ、木ネジの打ち込み無しでOKです。


①キッチントップの流しを計画

キッチンなら、野菜やお皿を洗う「流し」は重要です。木ばかりで組んでいるので、ステンレスの流しが有ると無いとでは雰囲気が大違い。なお、おままごとなので排水口までは作っていません。

トレーの縁を鉛筆でなぞって、ノコギリなどでカットします。。

こんな風にカットしました。

一枚板だと大変な穴の切り出しも、長手の板を複数枚使うことで、切り出しがカンタンにできます。


②4枚の天板をつなぐ

流しのステンレスをはめる穴の切り出しはカンタンでした。が、複数枚ある場合はそれぞれを繋がないといけません。

「ハタガネ」「クランプ」が必須アイテムです。

ここではハタガネを使います。

木工ボンドを塗って、ハタガネで止めます。斜めにスリムネジ(58mm)を打ちます。 
他も同じように打ちます。ネジの頭が出ないように5mmほどの深さを穴あけビットで、空けておくと良いでしょう。鉛筆で書いた斜めの線が、ネジを打ち込む時の目安。天板をつなぐ作業が完成

 


③天板を土台とつなぐ

垂直にスリムネジ50〜60mmを打ちます。一つの柱に対して二本づつ打てば十分でしょう。

その後、ネジ穴を隠すために木ネジを打ち込んでおきます。


④壁面収納を作る

壁面収納は20センチくらいが良いなーと思ったのですが、丁度良い材料がありませんでした。

なので、あるものを20センチくらいに切り出して、並べて壁面にすることに。背面のネジの数がすごいことに..!笑高さがまちまちな上の部分は、「木製のハンガー掛け」を一番高い位置に置くことでフォローしました。


⑤仕上げ

紙ヤスリで各部を仕上げていきます。子供が使うので、ササクレなど残さないように、危険なところがないかの最終チェックもここでします。

色を塗ろうと思っていましたが、この雰囲気が気に入ったので、後日、無着色のニスを塗ろうと思います。

完成壁面の木材がバラバラなのが、なんか良いアクセントになった気がします


遊びスペースに置いてみた。

いい感じに収まりました〜

木工作業に掛かった時間は、二日間でトータル8時間くらい。

難易度も低めなので、気になった方は、ぜひ作ってみてください!


収納部分の前面に突っ張り棒をして、花柄のカーテンをかけても可愛いかもしれませんね。

自分で楽しくお片づけができるようになってくれると良いなーと思っています。

以上!おしまい

 


 


Text & Photo : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「娘の「おままごとキッチン」を連休なので作ってみる②〜完〜」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です