カテゴリー
_lifestyle 音楽と、制作について

持続可能な”制作”について

制作(音楽を作ること)はおもうようにいかない。僕にとって、曲を作るということは結局のところ、音への反応・条件反射のようなもの。そのため、なかなかジャンルも定まらない。ローファイヒップホップが作りたくても、出来たものはテックハウスみたいになったり、アンビエントになったり、と。理想とは違っても、出てきたものが、今の自分にできる音楽。そういう意味でも、どうやらやっぱり音楽は偽らない。鏡のようなものだ。自分に対して寛容になろう。違う違う‥こんなんではない!では、一歩も前に進めないもの。

音楽を作るのだ、というパートが、僕には不可欠だ。それは、食べること、寝ること、と同じように普段の生活のなかで行うことに、意味があると信じている。

いきなりで何だけども、僕には、音楽のことを共に追求する「友達」がいない。それは、コミュニティに属していないから、というのが一つの理由なのかもしれない。

だから友達が欲しいと思う。
理想のコミュニティ像はある。それは、とても「フラットな」集団だ。ビギナーもプロフェッショナルも、感覚的な「垣根」のない、そういう場所だ。けれど、コミュニティの見つけ方も分からないまま、30代に入ってしまった。(理由の一つには、自分が田舎でローカルな場所に住んでいるからかもしれない。)

どうにかならないものか。

コミュニティに求める大切なもののひとつは、他人の目(耳)だ。ただ、客観的に、だけでなく、共に進んでいくための、他人。それは、お互いにアドバイスできる人間関係。情報を共有できる相手。音楽のフォーラムを探してみようか…でも、リアルに勝るものはないよね。直接話してる方が、断然いい。

ひとと、雑談していると思いがけずアイデアが湧いてきた、ということには経験がある。相手の言った話に「それ、めっちゃいいね!」と共感し、それがアイデアのきっかけとなる。あれかこれか、どうするどうする、で悩んでいたことが、パーっと道筋が見えることがある。

そういうコミュニティに属したい。もっというならコミュニティを作りたいです。もっといろんな人と話しをしたい。何してるの?ちょいと語ろうよ。くらい、気楽に。

2013年ごろまでは、わりに精力的に活動していた僕の音楽名義 “nil.team nest” のアイコンは、テント⛺️にしているんだけど、それはいろんな人とアイデアが集まる場所になれば。という考えから始まったものだった。

nil.team nest というユニット名の由来も、平たく言うと、”ひとりじゃ、価値のあることは出来ないけど、チームになれば居心地の良い場所ができるかもね”という思いだった。実際はソロでの活動だったけども。活動のなかで楽しかったのは、ライブでドラム奏者に参加してもらったり、CDのデザインをデザイナーと一緒につくったこと。どちらも、じぶん1人ではない、チームでの仕事ですよね。


今年2020年の目標は、そういうつながりが見つかるように、TwitterやInstagramに積極的に投稿したい。繋がってもいいよ、という人は是非よろしくお願いします。
あなたのつくるものが音楽でなくてもいいし、とくに何もしていなくても全然問題はありません。インターネットならではの、気軽に意見を言ってくれたり、口出しをしてくれる人、フォローしあいませんか。

Twitter     @___KOSA
Instagram     @_humm_kosa
Bandcamp nilteamnest.bandcamp.com


制作を続ける生活をしていると、どういうわけか悩みばかりになる。

制作物(作品)というのは、ほんとうに偽らない。自分を写す鏡で、それはときどきひどく醜いし、ときどきハッとするような美しいものが生まれることもある。 自分の探究に他ならない。

理想があり、表現したい感情があり、日々があり、さらに言うなら人は皆んな、いつか死ぬという期限がある。人並みに子供もいるし、仕事もしてる。みんな大切。あれもこれも大事。

思うようにはいかないさ。それでも、音楽が好きだという事実も、表現したいという気持ちも変わらないんだもんな。

たとえ傑作が出来ても、よし、これでもう作らない!という満足はしないような気がする。だから、瞬間的にでも、「お、良いんじゃない?」と思える瞬間を増やしたい。

多少、ヘンでもいいじゃない。多少、不完全でもいいじゃないか。

たぶん、同じような悩みを持ってる人は多いと思うんだ。

このHUMM.ブログもどうなるかわからないまま始めたけど、丸二年たった今は、毎日150人を超える人が訪問してくれている。(やってみなけりゃ分からない)

制作物も、もっとさらけ出してみよう。バッシングや、冷評、無視にも恐れることなく。出さないと、無いのと同じ、だからね。

Kosa Naohiro の最新音楽は、Soundcloud,または Instagramにアップロードしていきます。
Soundcloud: https://m.soundcloud.com/kosanaohiro
Instagram: https://www.instagram.com/_humm_kosa/


手帳は、ほぼ日手帳を使っています。仕事のために、ちょっと先の予定を確認しようとした時に、2月26日のよみものが良かったので下記に引用します。

「やりたいこと」というきらめく言葉に人はとらわれがちだけど、
「できること」を増やさないと、やりたいことも皮相なまま育っていかない。
できることを増やすには、「やるべきこと」をやる、地道な積み重ねが大事。
いまやるべきことを高い質で心をこめてやり通すことで、思いがけずできることが増え、人が歓んだり、新たな能力が見出されたりし、「あ、やりたいことがやれてる」と気づく。
____山田ズーニーさんが『大人の小論文教室。』の中で

ほぼにち手帳 2020 - 2月26日(水)

Text : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「持続可能な”制作”について」への1件の返信

[…] 前回の記事、「持続可能な”制作”について」で書いたように、今の自分にできることを、とにかくさらしてみよう、とインスタグラムで60秒の動画を公開しています。インスタの動画の特徴として、IGTV以外は60秒までという制限がついています。結果的にそれが良かったです。制限や、ルールがあることは、「ここまでにしよう」というきっかけになる。自分の意思決定以外で、決められていることがあるというのは時に助けとなることもあるんです。(これは、やってみて実感した。) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です