カテゴリー
アイデア 音楽と、制作について

BGM/動画に向いた音楽を渡したい! BASEショップにて。【個人・商用OK】

BGMの音楽を権利や制限のないところで提供したい

ぼくは比較的長めで、ストーリーを持った音楽をつくることを好む人間なので、Instagramでの60秒の動画つくりは、制作のモチベーションを保つためであり、それ自体がゴールではありません。制作としてのわかりやすい目標は、音楽作品をCDなどにアルバムとして収録することです。

作った作品は、自分のところに留めるのではなく広く使ってもらえるほうが嬉しいと感じます。いまは個人のYouTubeや、Instagramでの投稿が日常的に行われていますから、そういう場面で楽曲を使ってもらえたらいい、と考えています。

BGMが必要になった場面で、選択肢のひとつにしてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません

デジタルでの発表を始めとして、CDーRに焼く、はたまたカセットテープにダビングする、USBメモリに入れて配る、など、作品の発表には様々な方法がありますが、製作にかかる費用だけを見ても、入念に計画し製作するのが、一般的にはプレスCDとなります。

ただ、情熱を持って作ったものというのは、発表後も自分の名刺代わりとして、有効に働いてくれることがあります。このCDが出会いのきっかけとなって、繋いでくれた人や企業は少なくありません。自分の制作物が、人との繋がりを生んでくれることは、すごく幸せなことです。そこから仕事の依頼を下さった方もいます。感謝しています。

ロイヤリティフリーについて

さて、音楽を通じて人や企業と関わりをしていく中で、権利や制限を気にする場面は多々あります。それは、悪い面ばかりでもなく、双方の利益と信頼の構築のために、膝を突き合わせて話をする機会を持つことは、やはり大切なことだと思っています。

僕自身も、インスタグラム用の短い音楽動画を作るために、使用料(ロイヤリティ)フリーの動画素材を使わせてもらうことが増えました。

そんな時には、敬意の念をこめる意味でハッシュタグをつけ、作者のクレジットを必ず載せることにしています。

使用料がタダとは言っても、クオリティは素晴らしいものです。そのことは、自分自身に置き換えても大切にすべきことだと感じています。

動画の分野だけでなく、音楽素材も、これからますます増えるであろう、フリー素材。僕もまた、なにかの形で、誰かの役に立ちたいと考えるようになりました。

余談)BGM選びといえば結婚式

結婚式のBGMの選曲については、時間をかけて悩んだ記憶があります。もう今から5年前になりますが、僕らが結婚式でBGMとして選んだ曲は、こんなリストでした。

マーヴィン・ゲイ/Got To Give It Up
アイス・キューブ/It Was A Good Day
ニルス・フラーム/Keep
.Que/Noel
Moshimoss/Your New Era
エド・シーラン/Sofa
ボビー・ブラウン/Something In Common
シズラ/Thank U Mamma
R・ケリー/Love Letter
シガー・ロス/Meo Blodnasir
シガー・ロス/Agaetis Byrjun
アルバム・リーフ/Until The Last
エピック45/Monument II
アルバム・リーフ/Thule

上記はほんの一部ですが、当時の僕たちが何にハマっていたか、一目瞭然であります。

結婚式の会場は、テラスに庭があり、そこから鴨川が見えるという外の空間を取り入れた開放的な式場でした。神聖な挙式を終えた後のことですが、披露宴会場へ移動する際に、マーヴィン・ゲイのGot To Give It Upを掛けながら、メイン階段を降りて、新郎新婦がテラスに登場してくるという、少しファンキーな結婚披露宴の幕開けを演出しました。和やかに披露宴を楽しんでもらいたいなと思い、選曲しました。場の雰囲気を作るのに、やっぱり音楽って大事ですね。
また、当時はiTunesで組んだプレイリストをCDーRに焼いて、式場の係りの人に渡してかけてもらっていましたが、最近ではJASRACの権利の関係から、CDーRは受け付けてくれないところがあるそうで、この話を聞いた時は、正直、少し呆れました。


なので「BASE」に専用ページを作りました

話が逸れてしまいましたが、こういうご時世なので、どなたにでも、気軽に使ってもらえる選択肢の一つとして、CDに収録されている楽曲の使用フリー提供を考えました。InstagramやYoutubeでの使用、会社や施設での館内BGM、結婚式場で選曲に困った時など、使えそうな場面があれば、ぜひ使ってください。
なお、販売価格は、プレスCD製作にかかる原価、BASEのシステム利用にかかる料金を元に代金を算出し、決定しました。

全曲 視聴可能です

「商用利用OK」かつ「使用料フリー」,「ワンコインCD」を合言葉に、BASEでページをつくりました。

HUMM.Magazine online – BASE Shop

本CDの店舗BGMでの使用実績として、伝統工芸品店「開化堂」、「artmania cafe gallery yokohama」、家具と雑貨「a.depeche」、「Wacoalスタディホール」(敬称略)があります。上記の取引先は、ご担当の方と直接やりとりをさせて頂き、使用実績を確認しているものです。

https://hummmagazine.official.ec

商品の概要


【どなたでも使用料フリー】一般の方・企業の方を問わず、CDに収録されている音源は、すべて使用料フリーでお使いいただけます。
【想定される利用シーン】商業施設、館内BGM、ブライダルビデオ、環境音楽、また様々な動画制作のサウンドライブラリー等として、ご提供いたします。
音源の著作権は楽曲の制作者にありますが、上記の目的において、原則使用料はフリーです。

「商用利用OK」「使用料フリー」,「ワンコインCD」キャンペーンを実施するにあたり、
お客様がどのような場面でお使いになりたいと思ったのか?
また、実際に、どのように使われたのか?を調査することも、目的の一つです。

ご使用の際には、【ご利用目的・会社名・ご連絡先メールアドレス・御担当者名】を、明記の上、下記メールアドレスまでご一報くださいますよう、何卒ご協力お願い申し上げます。

メールアドレス[hummskatemag@gmail.com /担当者:小佐]
また、ハッシュタグ等を使用し、制作者のクレジットを入れて頂けますと幸甚です。

収録曲数:10曲
総収録時間:40分42秒
メディア:プレスCD


【収録曲内容】トイ・トロニカ、フォークトロニカを軸とした、やわらかなタッチの音楽です。全編、歌のないインストゥルメンタルの作品集です。
商業施設等での小音でのかけっぱなしのBGM、また15秒の映像などに幅広くお使いいただける内容です。

トラック#1/収録時間:3分16秒 /タイプ:エレクトロニカ、グリッチ
トラック#2/収録時間:5分31秒/タイプ:シネマチック、アンビエント
トラック#3/収録時間:5分28秒/タイプ:エレクトロニカ、アンビエント
トラック#4/収録時間:4分16秒/タイプ:シネマチック、エレクトロニック
トラック#5/収録時間:4分41秒/タイプ:フォークトロニカ、フィールドレコーディング
トラック#6/収録時間:2分07秒/タイプ:ドリームポップ、インタールード
トラック#7/収録時間:4分46秒/タイプ:トイトロニカ、エレクトロニカ
トラック#8/収録時間:3分02秒/タイプ:フォークトロニカ、インタールード
トラック#9/収録時間:4分00秒/タイプ:トイトロニカ、ドリームポップ
トラック#10/収録時間:3分32秒/タイプ:シネマチック、ポストロック

なお、商品代金とは別に、送料および梱包代が掛かります。
シッピングコストとしまして、送料のご負担をお願いいたします。(クリックポスト全国一律送料198円を使用)

プレスCD \シュリンク包装未開封です

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
よろしければ、ご一緒に面白そうなことを致しましょう。
よろしくお願いします。


Text : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です