自転車(ピスト)のメンテナンス〜チェーン汚れ落し〜各部グリスアップ

前に「Spray.Bikeで自家塗装DIY」でも紹介した”Fuji Classic”。このフレームセット、メインは雨の日の通勤で使っています。

雨の中を走ると、道路から跳ねた「泥」でフレームが汚れるだけでなく、チェーンに砂が噛んでしまうことで、のちのち異音がしてきます。

今朝は晴れていたので、前後ホイールをフレームから外して、フレームの掃除。
チェーンの汚れもしっかり拭き取って、新しい潤滑オイルを馴染ませました。


まずは分解から。

前後ホイールを外して、メンテナンスできるようにする

クランクのすぐ後ろ、こういう手の届きにくい所に「泥」や「アルファルト汚れ」が溜まりやすいんですよね〜。

今回のメンテナンスの目玉、チェーン汚れをリフレッシュさせます。

僕は一度、ディグリーザーなどで汚れを浮き出させて、拭き取っています。あとで新しい潤滑オイルを注すことを忘れずに。


オイル汚れがひどいコグも掃除。こういう汚れはウエスでしっかり拭き取っていきます。


あらかた掃除が終わったらグリスアップ。

緩めたところは、その都度古いグリスを拭き取って、新しくグリスアップしておきましょう。雨の日走ったまま放っておくと、ネジもいつか錆びてしまいます。見た目も悪いし、固着して外しにくくなってしまいますよ〜。


組み直す。

ブレーキシューの隙間も均等に開くように調整

組み直して、各部のチェック。特に後輪はタイヤとフレームが擦れていないか、隙間幅は均等かなど、念入りに見ておきましょう。

チェーンの張りは割とピンピン。僕はそういう緊張感のある乗り味が好きなのです。


ステッカーは徐々に増やしてます。

スケートショップなどに立ち寄った時に気に入ったステッカーを集めてます。

敢えて目立ちにくい所に貼るのがHUMM流。と、かこつけてみたものの、その方が失敗が少ない気がするだけです。

実はこの赤いステッカー、もともとiPadやギターに貼っていたものをリシール。ステッカーの上から透明テープで補強したり工夫しているのです。


完成。(所用時間は45分くらい)

ブログ用に写真を撮りつつ作業したので、ガッと集中してやれば30分くらいでできるメンテだと思います。地味ですが、やっぱり乗り心地が変わるので、せめて月イチくらいではしたいメンテナンスですね。

こういう時、やっぱりパーツの少ないピストはいいですよね。メンテナンスが本当に楽!BMXハンドルに変えようかと思案中。


雨の日チャリとして使っているこの”Fuji Classic”は、初めて全バラシの分解をしてみたり、”Spray.Bike”を使ってDIY塗装したりと、いろいろなことを試して勉強させてもらった、いわば「テストバイク」。

僕のピストライフを支えてくれている大事な一台です。

これからも大切に乗っていきまーす!


 

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です