カテゴリー
ストーリーテリング

Memories in Australia.[iv-v]

21:25

ブリスベン空港に戻ると、思っていたよりも人はまばらだった。さほど気にもとめず、夜を過ごせそうな場所を探す。少しでも快適に眠れそうな場所‥待合ロビーがすぐに浮かんだ。ソファであればなお、ありがたいのだが。マップを確認し、二階に上がった。広々とした到着ロビーがあった。プラスチックの椅子が連なって配置されており、球場のスタンドのようだ。待合客はほとんどいない。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
ストーリーテリング

Memories in Australia.[iv-iv]

ブリスベン空港へ到着するころには、あたりはすでに夜の気配になっていた。日中の暑さとは反対に、肌寒さすら感じる。ターミナル入り口近くにあるミートパイの露店も、すでに店じまいを始めていた。空腹を感じたので、空港の近辺で軽食を取りたい。すこし歩き始めるが、見通せるかぎり、あたりは芝生が整備されているだけの殺風景な場所だった。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
レコード・コレクター

レコードコレクトの記録 vol.008 ”Lucas Santtana – The God Who Devastates Also Cures”

ブラジル新世代と称されるルーカス・サンターナが2012年に発表した本作は、あくまでもSSW作品であることを軸に置いている。「フォーテット+トン・ゼー+トム・ヨーク」と称されたように、

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
ストーリーテリング

Memories in Australia.[iv-iii]

最初に目当てにしていた安宿がとれず、つぎに目星をつけた安宿を目指して市内を歩いていた。目抜き通りのため、たくさんの店が並んでいる。しかし、どれも個人商店のような雰囲気だ。そのなかで数軒、インターネットカフェを見つけた。手持ちは約$100ドル。この金が尽きる前に、すぐにでも仕事を探さないといけない。見知らぬ街、情報が乏しい。店内は混雑しているが、いくつか空きはありそうだ。1時間の利用は$3となっている。入店することにする。受付カウンターで「1時間」と告げ、先払いの料金を支払った。利用する座席を示すカード(プリントをラミネートしたもの)と、60分を表示しているストップウォッチを手渡された。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
Interview

「埼玉・小塚工房インタビュー(後編)截金/彩色師・小塚桃恵」

埼玉県ふじみ野市に工房を構える「小塚工房」さんにお話を伺っています。

【なお、本インタビュー記事は、「前編」と「後編」に分けて掲載しています。後編では、截金(きりかね)・彩色師の小塚桃恵さんについて、また、前編では、仏師の小塚友彦さんについて、ご紹介させていただいています。】

”昔から何かを創作することが好きで、漠然と何らかのプロフェッショナルになりたいな、とは思ってました。ですが、まさか仏像の仕事をするようになるとは思ってもみませんでした。”

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
レコード・コレクター

レコードコレクトの記録 vol.007 ”Tim Hecker – Ravedeath, 1972”

ドローン、アンビエント。レイキャビク(アイスランド)のフリキルチャン教会で録音されたという美しくも退廃的な音像。暗闇の中で聴くと、どこかに連れて行かれてしまう気すらする。パイプオルガンのフィードバックノイズがその世界観を強固にし、近づいたり遠のいたりするアコースティックピアノが現実との唯一のつながりのように美しく、鳴る。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
Interview

「埼玉・小塚工房インタビュー(前編②)仏師・小塚友彦」

”あらゆる方法を尽くして、沢山の人に仏像カルチャーを「ヤバイ」と感じて、楽しんでもらえるように頑張りたいと思います。”

(つづき)

(HU)仏像カルチャーは、予備知識のない人からすれば、敷居が高いと思われがちな世界なので、視聴者が参加できる仕組みがあると、もっと身近に親しむことができそうですね。
ところで、ヒップホップのDJイベントで、ライブで仏像を彫られていたことがありましたね。「ヒップホップと仏像」という組みあわせがとても新鮮でとても記憶に残っています。コラボレーションに至る経緯を教えてもらえますか?

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
レコード・コレクター

レコードコレクトの記録 vol.006 ”John Lewis – Improvised Meditations & Excursions”

余計な音を排除したストイックで美しいピアノの旋律。美味しい珈琲を飲みながら聴きたいアルバムです。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
ストーリーテリング

Memories in Australia.[iv-ii]

ブリスベンにて

来た道を戻りながら、ポケットの所持金を確認した。20ドル札4枚と10ドル札が1枚、それに5ドル札。あとは、コイン少々と日本での預金残高がほとんどないクレジットカードが一枚あるだけだ。手持ち100ドル少々。

この時、僕はブリスベンにいる。ここから、すこし話が脱線するが、当時の経済状況を説明するためにしばらく、脱線にお付き合いいただきたい。

シドニーを発つ前に、働いて蓄えていた資金1,500ドル(当時の為替で約14万円)を現地の市中銀行に預けたことがあった。外国のATMは路地に面して設置してあることが多く、僕もまた、通りに面したATMで預入をした。

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
カテゴリー
Interview

「埼玉・小塚工房インタビュー①(前編)仏師・小塚友彦」

「作品」に興味を持ったり好きになっていくと、自然と「そのひと(作者自身)」に興味がわくものです。

発表されている「作品」は、SNSなどで見ることができますが、ふだん、なかなか表現されることのない「そのひと自身」について、もっと知りたい。

「このひとって、どんな人なんだろう?」「なぜその仕事に決めたんだろう?」「気になる人だから、とにかく追いかけてみたい!」など。

そういうわけで、HUMM.magazineがどうしても会いたい人にインタビューを行う新企画、はじまります。

第一回は、埼玉県ふじみ野市に工房を構える「小塚工房」さんにお話を伺いました。こちらの工房では、主として「仏像の製作と修復」を行っておられます。

工房は、仏師である小塚友彦さんと、截金・彩色師の小塚桃恵さんのお二人で営まれています。
小塚友彦さんは、毎年春に幕張メッセで開催されている「ニコニコ超会議」に2018年から出演されており、イベント期間中に行われるライブ彫刻(仏像彫刻定点生放送)を見たことがある方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

【なお、本インタビュー記事は、「前編」と「後編」に分けて掲載します。前編では、仏師の小塚友彦さんについて。また、後編では、截金(きりかね)・彩色師の小塚桃恵さんについて、ご紹介させていただきます。】

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest