カテゴリー
GeekはDigる カセットテープ

DESIGNだってオリジナルのイケてるカセット・テープを作りたい②

Designだってオリジナルのイケてるカセット・テープを作りたい①の第二回です。前回は、生テープ(Blank Tape)の入手、何を録音するか、についての記事を書きました。今日はデザインと、テープへの録音について記事を書いていきます。

ジャケットのデザインをする(Pagesまたはillustrator使用)

カセットテープのジャケットのサイズはだいたい同じです。
縦)102mm x 横)25mm+13mm+65mmです。

Mac標準のテキストエディター、Pagesで画像を読み込み、サイズを変更。またはillustratorのテンプレートをインターネットで探します。「カセットテープ テンプレート」でたくさん出てきますので探してみて下さい。

※下の画像は、デザインサンプルを作成したものです。Adobeリンクご利用になれます。

https://adobe.ly/2PRMIoK

テープに録音する(DAWなどを使用する場合)

図)オーディオ→カセットテープ

iTunesなどから好きな曲を選曲した場合や、自宅でミックスを作った場合は、一度CDに焼いてからCDラジカセを使ってテープ録音する方法と、パソコンソフトのDAWなどを使用する場合とが考えられます。

DAWを持っていないという方でMacを使っている方は、GarageBand」というAppを無料でダウンロードできますので、それを使いましょう。

DAWを開き、カセットに録音したいオーディオデータをドラッグ&ドロップすることで、プロジェクトに反映されます。
パソコンのイヤフォンジャックまたはオーディオインターフェイスから、カセットレコーダーのインプットに繋ぎ、パソコンの再生音を、カセットレコーダー側でRECして下さい。

なお、既存のCDを丸ごと全曲、テープへ録音する場合は、一般的なCDラジカセを使用することが最も簡単な方法です。本体のテープ録音ボタンを押して、CDを再生。後は自動で録音を行ってくれるはずです。


いかがでしたでしょうか!家のパソコンとプリンターがあれば、誰でも楽しく作れます あなたもオリジナルの自作カセットテープをつくってみませんか。

HUMMでも自作テープをつくってみた。

Nil.team nest-Welcome Home-CassetteTape

手前味噌ですが、筆者の2010年のリリース作品をカセットテープ化しました。

Nil.team nest-Welcome Home-CassetteTape
なかなか、いい感じに出来たと喜んでいます!以上!

Text & image: 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です