LA発のトラックフレームメーカー”ENGINE11″が気になる!

暮らしのアイデア帳

トラックバイクのフレームを中心に製作している、米・Los Angels発の「ENGINE11」のフレームがカッコ良くて気になる!まずはVIDEOをチェックだ。

ウ〜ン、自転車と共にある生活ってやっぱ良さげ! フラッグシップ的モデルはこちら。

5B5A2497.jpg

BULLET (LIMITED EDITION)

デザインもさることながら、注目すべきはその軽さ。オフィシャルのカタログによると

– Weight. frame 1700g fork 360g (Ssize)

これってフレームとフォークで2kgちょっとっていうこと?軽すぎでしょう。

ちなみに価格は $1,099.00 。日本円で123,747円。(2017年12月14日時点のレート)

 

フレーム十万はちょっとなあ、と思っても大丈夫。ENGINE11はライナップが豊富です。
一番お手頃なモデルがこちら。

Vortex_Blu_01.jpg

NEW VORTEX FRAMESET

$399.00です。おおよそ44,991円。また、カラーリングが豊富なのも特徴。このモデル「NEW VORTEX」 には三色が用意されています。画像のDARK BLUEとBEIGEとMINT。

 

個人的にグッときたポイントがコレ。

『全速力』

Vortex_Ct_03.jpg

ほとんどのモデルに入っている「全速力」。せめてこのステッカーだけでも欲しい!

フレーム以外にも、バーテープやダッフルバッグなどのプロダクトもあるみたい。
5B5A1269.jpg
Duffle_camo_01.jpg
全部センスが良いんです。ただ、残念なことに現時点では日本での正規代理店はないようで、もし購入するなら個人輸入ということか。ならば首を長くして待っていることにしよう。

Text : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

ICAN(アイカン) AERO 007 カーボンフレーム ロードバイク用 エアロダイナミクス採用フレーム サイズ50cm フレーム本体の重量約1180g BB86 軽量人気モデル
ICAN
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント

タイトルとURLをコピーしました