株式会社ワコールの <WACOAL GENKI TAISO>音楽制作をさせていただきました

株式会社ワコール様では、従来より独自の社員体操がありましたが、この度、<ワコール健康宣言 *1>の一環で、現代に合った体操にアップデートされました。

<*1>ワコールは、「お客さまに”美”と”健康”を届ける企業として、社員の自律的な健康管理を積極的に支援し、一人ひとりが心身ともに美しく健やかに活動できる環境づくりを通して、活力に満ちた健康経営を目指す」

参考リンク:「健康経営銘柄」に5年連続で選定 ~ワコールは、社員一人ひとりの心とからだの健康づくりを推進しています

この体操は、社員体操ですので本来なら一般公開されることはない予定でしたが、コロナウイルス感染症対策でのテレワーカーが増えたことを切っかけに、どんな方にも利用してもらえるよう一般公開されました。

音楽の制作・ご相談について

お店や展示場の空間つくりのお手伝いとして、音楽の制作を承っております。「こんなん出来る?」といったご相談だけでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。プロジェクトにあった音楽提供ができるようにベストを尽くします。

“WACOAL GENKI TAISO”は2020年1月からワコール社内実施している体操で、15のパートからなるストレッチや動きを組み合わせた体操です。今回、現下の社会情勢を鑑み、テレワーク中の方や、家の中で過ごす方の健康維持・向上に役立ててほしいという思いから、一般公開しました。
※ワコール公式プレスより

PC/スマホによる肩こりや目の疲れなど、現代人のカラダの不調を軽減する動きやストレッチを組み合わせた15パートからなる<WACOAL GENKI TAISO>
体操コンセプト・実技監修は、<A-Yoga *2>で知られる、アスレチックトレーナーの山本邦子先生が考案されました。

<*2>A-yogaについて ※リンク先はオフィシャルサイトに繋がります

<山本邦子先生プロフィール>

アメリカNATA公認アスレティックトレーナー
博士号(保健学) 大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科
A-Yoga Mind and Body Movement Therapy主宰
Kyoto MBM Labo主宰(京都 修学院)
フェルデンクライスプラクティショナー
アメリカカンザス州立カンザス大学運動力学とスポーツ経営管理学で修士号修了
帰国後、2003年~2005年劇団四季専属アスレティックトレーナーとして活動。
その後日米でプロアスリートのサポートをしながら、「動作教育を通した人間形成のお手伝い」を念頭に、A-Yogaを主に動作教育活動と人材育成に力を注ぐ。
2009年より引退まで、プロゴルファー宮里藍プロの専属アスレティックトレーナー。
2014年9月に京都修学院にKyoto MBM Labo (https://mbm-labo.com/)をオープン。
子供から高齢者まで様々なグループとパーソナルレッスンをする傍ら、発達障害児への運動指導、難病や慢性的な痛みを抱えた人へのレッスンケアも行う。

<山本邦子先生からのコメント>
「WACOAL GENKI TAISO」は自分のカラダと向き合い、状態を知ることで、自身の健康維持・向上に役立てることを目的につくられました。
それぞれのパートごとに、あるいは全体をとおしてでも、いつでも、気になるときに自分で行えるヘルスケアとして活用してください。(以下、公式サイトリンク)
https://www.wacoal.jp/news/topics/202005/wacoalgenki-taiso.html


プロジェクトへの参加

体操の音楽ときいて、真っ先に思い浮かんだのが「NHKラジオ体操」でした。僕は一般的なピアニストのようにアカデミックな教育を修了していないので、もし、そういう曲調を求められたら今の僕には無理であることをお伝えしました。ただ、予想に反して、このプロジェクトではそういう曲調は求めておらず、軽やかで、すこし現代的にアップデートされている雰囲気を求めておられるとのこと。
僕はエレクトロニカをはじめとする電子音楽が音楽制作のメインフィールドなので、それなら出来そうだと感じ、プロジェクトに参加させていただくことになりました。


楽曲のイメージ

ご要望として伺っていたのが、以下の点でした。
西洋ヨガがベースの体操であり、主に女性社員を対象としている。
⑴動き(体操)が主役になる楽曲であること
⑵全体の中で「起承転結」があること
⑶15のパートで成り立っているため、展開するところや動作イメージを喚起する、分かりやすい音楽
⑷穏やかで、優しい音楽性
⑸耳馴染みのよいメロディであること

<動きの解説書はコチラ>
WACOAL GENKI TAISO 解説書.pdf
解説書イラストレーター:Shapre


制作で苦労したこと

『体操の動きに合った音を作ること。』これに尽きました。
途中、BPMが110から一気に90くらいまで落ちる展開があったり、終始カラダの動きを邪魔せずに、動きをサポートするメロディラインであることに気を配りました。それぞれの動きに意味があり、そのイメージを元に音楽をつくりました。普段とは違う楽曲制作でしたので、至る所にアイデアが必要なプロジェクトで、とても刺激的でした。

クリエイティブディレクターの存在

その人は、ワコール広報の三宅譲さんです。全てをまとめ、ミーティングのため何度も遠方へ足を運んでいただきました。なんとかプロジェクトに合う音楽を完成させることが出来たのは、三宅さんのおかげです。スケジュール管理、体操イメージにあう音楽であるかどうか(三宅さんの音楽的知見はとても広い)、などなど。時に励ましてもいただき、感謝しています。じぶん一人だったら、まず無理だったろうな。チームで仕事をするのって、楽しいなと思いました。三宅さん、ありがとうございました!

どんな音楽になったか

結果的にアンビエント~グリッチで全体の雰囲気を作り、メイン楽器はアコースティックピアノを使用。リズムパートでメリハリを付けていくというストーリーで、完成することができました。

下記の音楽プレイヤーから、WACOAL GENKI TAISO 音楽サンプルがお聴きいただけます。

WACOAL GENKI TAISO – 山本先生のナレーション無しVer.


ご依頼の経緯について

・以前、HUMM.ブログで紹介した2011年の制作実績、『京都・茶筒<開化堂>の店内BGM音楽制作をさせていただきました』の記事がきっかけ
・Wacoalクリエイティヴディレクター三宅譲さんがウェブページに掲載している、開化堂のサンプル音源を気に入ってくださった(サンプル音源を下記に掲載※SoundCloud)
・プロジェクトの打ち合わせでミーティングをする必要があることから、京都近郊に住んでいる音楽クリエイターである、ということで声を掛けてくださった

というのが全貌です。

本当にブログをやっていてよかったな、と思いました。そして、Wacoalクリエイティブディレクターの三宅譲さん、数あるウェブサイトから見つけて下さって、本当にありがとうございます。

本件、『WACOAL GENKI TAISO』は、社内運用されている体操ですので、朝礼時に全国の拠点で流れているそうです。なんだか、すごいことですね。嬉し恥ずかし、とても光栄です。

京都のつながり

それから、開化堂の八木さん、石場さん、ありがとうございました。
以前つくらせていただいた店内BGM制作が、廻り回って、新しい繋がりを生んでくれました。

下記の音楽プレイヤーから、開化堂店舗 BGMの一部サンプルがお聴きいただけます。

※SoundcloudリンクURL(開化堂オリジナルBGM)


音楽の制作・ご相談について

お店や展示場の空間つくりのお手伝いとして、音楽の制作を承っております。「こんなん出来る?」といったご相談だけでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。プロジェクトにあった音楽提供ができるようにベストを尽くします。

BGM提供について【ロイヤリティフリー】

いちからの楽曲制作に限らず、会社や公共施設でのBGMとして、40分程度のアルバムを提供しています。こちらは、ロイヤリティフリー(楽曲の使用料が無料)です。
提供しております音楽アルバムは、シネマティック~アンビエント、トイ・トロニカ、フォークトロニカを軸とした、やわらかなタッチの音楽です。全編、歌のないインストゥルメンタルの作品集ですので、雰囲気を邪魔することなく空間つくりを補助します。
こちらは、アルバムCDをご購入いただくことで、楽曲の使用料(ロイヤリティ)がフリー(無料)になります。
詳細は、以下のリンクをご参照ください。


Text & Sound: 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin
タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です