カテゴリー
アイデア ガジェット ホームD.I.Y 電子音楽・ビートミュージック

ローランドサンプラー”SP-404SX″カスタム・スキンを、じぶんでつくる。⑸ ~HUMM.オリジナル製作・デザイン編②~完結

前回の記事では、「操作系テキスト」を抜き出してパスにする方法を紹介しました。

背景のデザインも、Black Marble(大理石)にしよう、と決めました。今回は、実際に印刷して、パネルに貼っていく作業になります。

black marble
hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin

黒地に黒は見にくい。部分的に文字色を変える

細かいことですが、読めなくては意味がありませんよね。
変更はかんたんです。前回、苦労して「パス」を取ったから
文字の色も大きさも、好きに変えられます。

印刷する用紙の選定

悩みました!
シールタイプにすることはもちろんですが、耐久性・耐水性が欲しいと思ったからです。
操作していると、絶対に擦れますから、紙製品は最初の時点で除外。
フィルムタイプのものにしました。

エーワンの「29281」

文字データだけ貼るのであれば、プラモデルのデカールに使える、転写シールも、ありかもしれません。

印刷した

顔料インクは落ちるから、絶対ダメです。
うちのプリンターはCanon TS8230ですが、「染料インク」を出させるためには、印刷の際に「写真」を選ぶことです。

文字印刷のために入っている「顔料」では手でふれたら、すぐに落ちてしまいます。ご注意を。

hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin

貼って切る。

HUMM. SP404 CustomSkin
急いでやっても良いことなし 慎重に丁寧に。

はい〜。ついに、完成!

hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin

うん。なかなか、ええんちゃうん!

hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin
hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin
Rolandロゴ オレンジ入れときました
hummmagazine_original_Roland-sp-404SX-Customskin
(HU)入ってます

つくってみて〜感想〜

今回のカスタムスキンを作るために、Adobe IllsutratorのTipsなどは、もちろんGoogleで調べています。調べて、やってみて、みんなと共有する。
僕は、そういうことをしたいが為に、HUMMをはじめました。
また、”HUMM.magazine”というオウンメディアを持つようになってから、「色々やってみる」ことがほんとうに増えました。良いことですね。

相談や、ご依頼について

やってみたけど、上手くできねーよ。という場合。製作について相談にのりますので、お気軽にコメントしてくださいね。??ページの下のほうにあります。

また、そもそもIllustrator持ってねーよ。という方がいらっしゃいましたら、下記からお問い合わせください。
たくさんの依頼があると無理ですが、オリジナルのSP404SXカスタムスキン製作について、依頼を受けることも考えております。(必要な製作料はいただきますので見積り出します。)

お問い合わせ

それではみなさん。楽しいDIY&音楽制作を!!


Text & image : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「ローランドサンプラー”SP-404SX″カスタム・スキンを、じぶんでつくる。⑸ ~HUMM.オリジナル製作・デザイン編②~完結」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です