カテゴリー
写真・Visual

HUMM的・フィルム一眼カメラ探しの旅〜CONTAX RXとPlanar 1.4/50 T*〜終焉⁇

シンプルなデザインに一目惚れ、「CONTAX 139Q」を直したのでメインで使うつもりだったものの、最終的に「CONTAX RX」に乗り換え。決め手は機能面。自動巻き上げとフォーカスエイド搭載など充実の機能が魅力。

CONTAX 139Q

「CONTAX 139Q」グリップレザーとモルトを新品に交換した。シンプルなデザインは、これぞカメラという佇まい。CONTAXの白いロゴが映える。


CONTAX RTS

CONTAX初代フラッグシップモデル「RTS」。初代ポルシェデザインはやっぱり整っていて、魅力的。しかし実用性から考えるとやはり「RX」に軍配が上がり、メイン機としては見送ることに。


最終的には「CONTAX RX」

CONTAX RX

RXは丸みを帯びたフォルムが素敵!1994年製ということで、初代RTS(1975年)や、139Q(1979年)と比べると、見た目にもハイテク感が出てきています。


ド定番「Carl Zeiss – Planar 1.4/50」

Carl Zeiss Planar 1.4/50

レンズは、とにかく一度は使ってみたかった、Carl Zeissの定番レンズ「Planar 1.4/50」をチョイス。

レンズ/ボディを組み合わせると結構な重量に。約1.1KG(1,168g)

初期オリンパスペンでもコンパクトデジタルカメラと比べれば、重い(378g)と感じたけど、さらに約3倍の重量。肩にズッシリくるぜ。でも、いいんだぜ!かっこいいから、好きだから。


フィルムカメラ(一眼)探しの旅はこれにてひと段落となるか?

ファーストフィルムは、フジフィルムのモノクロ「ACROS」にしてみました。現像に出しているので返って来たらご紹介したいと思います!さ〜て、どんな写りなのか楽しみだ〜〜!(まずは、ちゃんと写ってるかどうか、それが心配。笑)では、また!


Text & image : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「HUMM的・フィルム一眼カメラ探しの旅〜CONTAX RXとPlanar 1.4/50 T*〜終焉⁇」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です