カテゴリー
ピストバイク

RINPOCH RC 3230 Track Crankset のメンテナンス

以前の記事でも紹介した RINPOCH RC 3230 Track Crankset。2017年から使用しています。漕ぎ出しに重さを感じるようになってきたのでメンテナンス。

まずは組み外し

RINPOCH BSA392 専用の工具を使用
LEADER 725

RINPOCH RC3230には、専用のBBである”BSA 392″がついています。そのBB外しに使用するのが、この工具です。購入時点の2017年には、他に互換性のあるBBはないと言われていました。
漕ぎ出しの重さの原因は、おそらくBBだと思うので、BBも外します。

BSA 392
BB周りのパーツ

ダイレクトクランクの取り外しはとても簡単

コッタレスクランクと違い、ダイレクトクランクは取り外しが非常に簡単で、専用の工具(コッタレスクランク抜き)も必要ありません。
上の写真を見てもらうと分かりますが、左ペダルが右側にダイレクトに繋がる構造になっています。

ペダルストラップには、YNOTのカモ柄を。

Pedal Strap にはYNOTを選んで装着しています。
LEADER 725は、パーツをオールブラックで固めているので、少し遊び心を取り入れました。こちらも2年以上使っていますが、へたれることもなく、丈夫です。


BBの掃除をする

分解しましょう。ベアリングボールを露出させるために、カバーを取ります。千枚通しのようなもので端っこを持ち上げると、簡単に外れます。

BB内部:サビが浮き始めている

指で回転させるとスムースさに欠ける部分がわかります。潤滑油を入れて回転させ、綺麗になるまで汚れを洗い流します。地味な作業ですが、粘りどころです。

掃除を進めていくと、ベアリングの回転が良くなっていくのが実感できます。手を掛けた分だけ、成果につながるのでやりがいがありますね。

RINPOCH RC 3230のパーツ

RINPOCH + YNOT
2年経ってもまだまだ現役
ALL PARTS

メンテナンスの重要性

リンポーチのRC 3230は、構造がダイレクトクランクですのでメンテナンスが容易です。快適に長く使うために、こまめにBB周りの掃除や注油をしたいですね。

シングルギアであるピストは、心臓でありエンジン部分のクランクが重要だと考えています。少しお値段は張りますが投資した分の効果はあります。

RINPOCHは、あまり流通していないようですが、GMTサイクルやBROTURESに問い合わせてみると、在庫がまだあるかもしれません。
[GMT CYCLE]
[BROTURES]

他にも、ダイレクトクランクは各社いろいろなモデルが出ています。
定番のSRAM OMNIUMや、MICHE(ミケ)のエアロクランクも気になります。

手をかけただけ応えてくれる自転車カスタムは、本当に楽しいですね。
寒くなってきましたが、事故なく、怪我なく、みなさん良い自転車ライフを!


Text & photo : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です