カテゴリー
Skateboarding 写真・Visual

スケートボーディングと写真をめぐるドキュメンタリー

みなさん、最近スケートしてますか?

 
さて今日はすこし前の作品ですが、スケートビデオを新しい目線から撮ったドキュメンタリー作品を紹介します。

僕はスケートビデオっていうと、「411 Video Magazine」。

魚眼レンズで、BGMはヒップホップかパンクで…というイメージが強かったのですが、
この作品はアプローチが斬新で、かっこいい。やはりスケートボードの周辺には独自のカルチャーがあります。

まず、2011年発表の時点で8ミリビデオで撮影した映像を採用しているということに驚きます。

 | FORMAT PERSPECTIVE |
 スケートボーディングと
写真をめぐる
ドキュメンタリー
フィリップ•エヴァンス
2011年/フィルム作品
[carhartt]

Format Perspective – trailer from Philip Evans on Vimeo.

今でこそ、レトロ回帰というブームでいろんな写真/映像加工アプリがありますが、この時すでに採用している点はさすが。

 

本編中に6名の写真家が登場するのですが、それぞれのインタビューの中で
クリエイトすることの楽しさや苦労、また、それで生計を立てていくことの
難しさなどに触れています。

 

特に印象に残ったのが、ALEX IRVINEの「(スケート)フォトグラファーとして成功したいなら、すべての現場に居合わせる覚悟が必要だ。(中略)なによりもスケートを優先させなきゃ。金よりもオンナよりもね。」という一言。
フォトグラファーに限らず、通用する言葉だと思います。

 

心に刺さる言葉もたくさんあるし、いい写真、いい音楽もたくさんあるので
スケートビデオに直接の関心が無い方にもおすすめです。
DVDには 日本語字幕付版もありますし、ビデオオンデマンド版も2017年にリリースされているので

スケートボーディング/写真/映像に興味がある方はぜひご覧ください。

 
http://www.formatperspective.com

Text : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「スケートボーディングと写真をめぐるドキュメンタリー」への1件の返信

[…] フィルムカメラの魅力が少しわかってきたところなんですが、気になってくるのが、スケートボード・フォトグラフィーなんですね。以前、フォトグラファーを追ったドキュメンタリームービーを紹介しましたが、改めて見るとやっぱカッコイイな〜と思うわけです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です