世界に一つのカスタムGAMEBOYをつくる ①やり方まとめ 入手~分解編(1)

 Screen Shot 2017-12-16 at 17.48.29

カスタムゲームボーイが熱い。世界に一つのゲームボーイをつくっていきましょう。

GAMEBOYには初代&ブロス(1989~)、ポケット(1996~)、ライト(1998~)、カラー(1998~)とシリーズがあります。

ここでは初代ゲームボーイ(DMG-01)シリーズのカスタマイズ方法を紹介します。

 


①本体の入手方法

最近は徐々に人気が上がってきて、オークション等ネット上では大凡2000円前後で取引が行われているようです。

でも、これからカスタム費用が掛かってくるので、ここはできるだけ安く抑えたいところ

ネット通販以外でオススメなのがリサイクルショップ。
思いつくのは、オフハウス、リサイクルマート、トレジャーハンターなどでしょうか。
隅の方にレトロゲームコーナーあるはずです。そのコーナーのさらに隅の方、ジャンクコーナーがあるとおもいます。
シールがたくさん貼られたGB、裏蓋のないGB、または薄汚れたGBたちがいませんか?

おそらく数百円〜1,000円以下で購入できると思いますので、迷わず買っちゃいましょう。

本記事で紹介するカスタムは、ディスプレイのバックライト化、ボタン交換、プロサウンド化(ノイズレス)です。全てすると下の画像のようになります。

上の写真は筆者が過去に作ったカスタムGAMEBOYです。他にも数台、こんなカスタムを作りました。

個々のパーツカラーを変えるだけで雰囲気がガラリと変わりますね。

分解と洗浄クリーニング

今回は、このGAMEBOY BROS.(赤)をベースにカスタムをしていきたいと思います。
(ディスプレイは、はめ込み画像を入れています。)

R1075116R1075117

中古品で長年の汚れやホコリなどが付着しているので、きれいに洗浄とクリーニングをしましょう。そのためには一度、分解して外装カバーと基盤を分ける必要があります。

必要な道具はこれ。

 R1075090
  • Yドライバー
  • ➕ドライバー No.0     (精密機器用)
  • ➖ドライバー 1.6mm(精密機器用)

R1075092Yドライバーはゲーム機器に使うドライバーです。あまり馴染みがないかもしれません。

これが無いとはじめの一歩でつまづきます。必ず用意しましょう。

Screen Shot 2017-12-17 at 17.43.15
緑色のマルをつけたところがY字ネジです。ネジ山を舐めないように外していきます。R1075124
合計で6本のYネジが取れました。無くさないようにしましょう。R1075123
開くと、白いリボンケーブルで繋がっていることがわかります。
Screen Shot 2017-12-17 at 17.48.21
矢印方向(下向き)に優しく抜きます。R1075140
前面と裏面に分割できたところ。
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

「世界に一つのカスタムGAMEBOYをつくる ①やり方まとめ 入手~分解編(1)」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です