レコードコレクトの記録 vol.003 ”f.s.blumm & nils frahm-music for lovers music versus time”

暮らしのアイデア帳

エレクトロニカ。細やかなグリッチ。鉛筆を走らせているような音、生活音。様々な音のコラージュをデリケートに配置した楽曲。私たちの、平凡だけど、とてもいとおしい日常を、すこしだけ色づけしてくれるアルバム。時間の経過を味わう音楽が詰まっています。

sonicpieces から2010年にリリースされた本作は、”music for lovers music versus time“と、”music for wobbling music versus gravity”の二枚組構成となっている。

丁寧に作られた楽曲群は、よく練られた曲順によって構成されるアルバム全体としての物語を持っている。ひとつひとつの音は、うぶ毛を撫でるように優しいタッチで演奏されていて、デリケートな音空間が広がる。冒頭でも述べている通り、アルバム全体を通して聴きたいアルバムなのだが、あえて好きな曲を挙げるとするなら、個人的にはこの曲をおすすめしたい。

B4 – ONWARD ONWARD (4:07) Luca Fadda: Trumpet

F.S.Blumm & Nils Frahm。二人の現代音楽家の音のセッションを聞きながら、ほつほつと思い出されることに耳を傾けてみては。

このLtdレコードは、night cruisingイベントの会場物販で購入させてもらいました。ちなみに、F.S.Blummは、Springintgut との共作で、night cruisingから作品をリリースしています。


created by Rinker
¥1,350 (2022/11/28 07:14:09時点 Amazon調べ-詳細)
hummmagazine-22B008KTF0B2

Text : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント

タイトルとURLをコピーしました