デカルコマニー(絵)とビートミュージック(音楽)を組み合わせる

アイデア研究所

デカルコマニー;現代美術で、オートマティスムの絵画技法の一つ。

紙に絵の具を塗り、それを二つに折るか、別の紙を押し付けるかして写しとる画法。偶然的・幻想的形態が得られるのでシュールレアリストが好んで用いた。

美術の手法であるデカルコマニーと、ビートミュージックとは相性が良いんじゃないか?と思ったので、組み合わせてみました。

下の動画は、ビートとデカルコマニーの手法で描いた絵の一部です。ご視聴ください。


Text & Video : 小佐直寛(Naohiro Kosa)

created by Rinker
ターナー色彩(Turner Color)
¥1,509 (2022/08/14 11:41:01時点 Amazon調べ-詳細)
hummmagazine-22B001NGOGMI
この記事をシェアする
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin

コメント

タイトルとURLをコピーしました